忍亂不是坑,是海

關於部落格
  • 119227

    累積人氣

  • 1

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

[祝・通算100ステージ目!]ミュージカル忍たま乱太郎第四弾「最恐計画を暴きだせ!!」(後)





別說便當了,這三人根本毫髮無傷啊!剛才中槍也是裝的嗎?

「不死身の忍者」
唄 七松小平太‧立花仙蔵‧潮江文次郎

俺達は戻ってきた 暗い闇の淵から
俺達は戻ってきた 忍の使命に燃えて
強い気持ちが 支えてくれた
不死身の忍者と 呼んでくれ

底なしの体力 途切れぬスタミナ
それがおまえだ 「七松小平太!」

備えあれば憂いなし 100パーセントの男
毎日が忍者 「潮江文次郎!」

静かな心 冴えわたる英知 ぶれることなどない
いつもクールさ 「立花仙蔵!」

私達は戻ってきた 熱い思いを抱いて
私達は戻ってきた 忍の使命に燃えて
私達は死なない けして 死んでたまるか
不死身の忍者と 呼んでくれ

不死身の忍者と 呼んでくれ










































仙蔵問怎麼不先向學校報平安,獅子座的兩人覺得每日在同一路線鍛鍊而遭埋伏的事實在難以啟齒,想調查新式槍枝,有個功績再回去

キャプテン達魔鬼發現三張沒見過的面孔,大喊可疑人物入侵,把大家都叫起來了

小平太臨危不亂,用是我是我詐欺的手法,讓八方斎以為三人是城主側近秘密護衛部隊的人




仙:「你早就知道秘密護衛部隊的事了嗎?」
小:「沒啊!」
仙:「竟然?!萬一八方斎什麼都沒回答呢?」
小:「這點小事別在意!!」
仙:「一點也不小好嗎?!」



滝夜叉丸拿著小平太手偶,一個人進行自己跟暴君平時的對話,唱起平常那些非人訓練

「先輩の記憶」
唄 平 滝夜叉丸‧田村三木ヱ門‧綾部喜八郎

走れー 走れー 走れー
忍者は体力勝負 誰にも負けない 体を作れ
力はきっと 裏切らない
そんな言葉に 引きずられ
いつの間にやら いけいけドンドン
あーあー これでいいのか 私の美学







バカタレー バカタレー バカタレー 
忍者は毎日が戦場 油断大敵 寢るんじゃないぞ
休憩なんて 言葉はない
いつも神経 すり減らし
いつの間にやら ギンギンギンギギン
あーあー 私にも出来た 目の下のクマ












三木ヱ門也唱出了地獄會計委員長給他的回憶,轉頭問綾部對仙蔵有什麼樣的回憶
三:「立花學長是個常識人,喜八郎一定沒吃過苦啦!」
滝:「倒是讓學長吃了不少苦哪!」

綾:「吃苦?沒吃過苦?!滝夜叉丸,你之前差點被ドクタケ忍者抓住時,能徒手逃出,不就是因為七松學長平時讓你『吃苦』,培養出超乎常人的體力嗎!三木ヱ門,你面對ドクタケ忍者時能以槍擋刀,不是該歸功於潮江學長的教導嗎!」
舞台劇綾部的聲音有點像動畫版的石田聲,平時的個性是漫畫版的電波人,這種關鍵時刻又能熱血起來,實在是個理想的綾部

いつもクールな人さ
時には やさしく笑った
大人な人だと 思っていたよ
落ち着き払って 常に冷静
そんな態度の 裏側に 熱い思いを秘めていた
あーあー 忘れられない強い信念

こんな時に 思い出したら 辛くなってしまうよ
誰が嘘だと言ってくれ
もしも時間を戻せるならば もう一度あの頃に
心に残る記憶が
さらに 切なくさせる
さらに 切なくさせる














即使劇情上已經知道學長們沒事了,這首歌還是差點讓我流淚。四年生這種淡淡回憶的方式,比六年生的哭嚎更能打動我的心啊。

冒牌學長出現,三人趕緊找藉口逃掉

ドクタケ忍者們打算繼續進行計畫,不過偽文次(41)一動就閃到腰



結果是由偽小平太接手

老師們仍看不出他們的目的
学園長:「難道是想作為忍術学園的學生認真學習,然後再來打倒我?!」
山:「不可能!」
土:「那要花幾年啊!」

伊:「不行啦留三郎!在知道他們的目的之前,要假裝沒識破他們的變裝才行!」

食:「這種事情我知道,可是看到這些傢伙的臉……尤其是那個冒牌文次郎的臉!就好想決鬥啊!」
伊:「那不就跟平常一樣嗎?」

食:「那我出手也沒關係了吧!」
伊:「那樣不好啦!」

假文次(41)還是沒能滿足留三郎的戰鬥慾求不滿

伊作把人帶去包紮,留三郎繼續找東西發洩

看到學弟,馬上換了張笑臉


食:「老師沒跟你們說嗎?低年級生不可以離開忍たま長屋喔!」

乱きりしん表示對冒牌文次郎、仙蔵、小平太的懷疑
「你們在說什麼啊?」

「怎麼看他們都是仙蔵、小平太、文~~次郎~~!不是嗎?」


終於還是插科打混的把好孩子們趕回長屋了

「為什麼那傢伙會輸給這麼弱的人呢?!」
留三郎繼續邊喊可惡邊洩恨,吼聲漸漸的成了泣聲……
留三郎的屁屁,讚
看第一、第三彈時,我有點為六年生擔心,只打得贏ドクタケ忍者,打不贏赤壁、山賊一號等其他身手較好的角色,這些快畢業的忍蛋沒問題嗎?第四彈沒了原創強敵,不過還是讓我擔心起留三郎:這孩子根本離不開文次郎啊以後該怎麼辦!!(認真)

六い兩人還沒能掌握到新式槍枝的有關訊息

倒是小平太成功帶回了「齒輪槍」的情報
仙:「你是怎麼知道的?」
小:「剛才從八ちゃん那聽來的!」
仙:「八ちゃん?」
小:「八方斎啦!」
仙:「為什麼跟他混得那麼熟啦?要慎重行事啊!」
收藏齒輪槍的地點也明白了,就是耳邊一直環繞的鏗鏗敲打聲,不知道來源為何……

雖不知聲音來源,不過從八方斎的話來看,應該是跟忍術学園有關的什麼計畫

八方斎詢問挖洞的進度,風鬼答說明天就能挖到指定地點

挖洞組的人擅自跑出來休息

挖洞組的要求讓祕密部隊三人也來幫忙……在這之前應該先讓風鬼下場吧XD

八方斎說不能讓直屬城主的部下們做這種粗活,而且這些人還會做泡咖啡等細心舉動,很得他的歡心

挖洞組被趕回去幹活,ドクタケ壹在這時崩潰了:
「我又不是為了挖洞才來當忍者的~~!」

仙蔵表示可以傾聽他的煩惱

文&小:「「相談TIME!!!」」

文:「好的,於是下一位相談者是,匿名希望的ドクタケ忍者!」

為什麼透過刀講話會有變聲效果?!
小平太建議ドクタケ壹乾脆換工作算了,但ドクタケ壹沒什麼信心……



小平太把ドクタケ壹抓出來,開始了「いけどんマーチ ニューバージョン」



經由いけどんマーチ給予勇氣的ドクタケ壹,不顧小平太伸出的手跑掉了

順手把刀遞給小平太化解沒握到手的尷尬,文次郎so貼心
文:「いけどんマーチ『ニューバージョン』?有什麼不一樣嗎?」
小:「知道的人就知道!」

仙:「你真厲害啊,一瞬間就讓一個ドクタケ忍者叛逃了!真棒的『身虫の術』!」

小平太本人完全沒意識到自己用了忍術的樣子。
仙:「……當我沒說。」

文次郎這時才想到,應該趁ドクタケ壹叛逃前向他問出計畫的事情才對,三人悔恨不已

キャプテン達魔鬼跑出來,歡呼「終於完成了!」

看地道已經完成,八方斎命令三人到忍術学園,通知潛入学園的人可以撤退了

三人推斷所謂潛入忍術学園的部下,是變裝成自己潛入的,打算打倒那三人,自己假裝成冒牌貨再次潛入ドクタケ中

偽仙:「好累喔~~」
偽文:「你什麼事都沒做吧!」
偽小:「好啦,繼續加油吧!八方斎大人他們一定也在努力呢!」

偽仙:「你那幹勁是怎麼回事啊?!大家快看~~這裡有個好孩子唷~~!幹勁十足的好孩子唷~~!」

正牌三人總算知道了聲音來源

小:「從髮型來看,那個是我、那個是文次郎,也就是說,那個是……」

文&小:「「仙蔵!」」
兩人一邊笑一邊說仙蔵常在後院擺這個pose……真的假的?!

仙蔵率先走出去

偽文:「喔,是八方斎大人派來聯絡的嗎?]
偽仙:「沒看過你們的臉啊,是新人嗎?」

仙:「新人又怎樣!」
第三彈利吉你就是沒這種魄力才會被欺負啦XD

仙:「問你一件事:你是變裝成誰?」

偽仙:「立花仙蔵。」



即使沒有しんべヱ跟喜三太在,仙蔵還是會暴走的


小平太一手刀把仙蔵打昏、又一手刀把他打醒

文次郎傳達了八方斎的撤退命令後說:「這下子忍術学園就……」
想引冒牌貨說出下句以探聽情報
偽文:「忍術学園就……」

不巧一年級好孩子們剛好回來,談話被打斷


Super 天使 TIME!

「アルバイトの唄」
唄 乱太郎.きり丸.しんべヱ(他)

ちょっと気分を変えて
授業ばかりじゃ つまらないから
社会勉強 大切なのさ
やる気見せるよ ど根性
でも 教科はすっかり 忘れちゃうんだ

銭の為なら 目の色変えて (きりちゃん!)
がんばりまーす もうけます 今日もしっかり アルバイト
銭の為なら 目の色変えて (きりちゃん!)
がんばりまーす もうけます 今日もしっかり アルバイト

たまにまじめになって
忍術修行も 大事だけれど
普通の心 忘れないのさ
失敗なんかは 気にしない
ほら ここで鍛えた スゴ技見せるよ

銭の為なら 目の色変えて (きりちゃん!)
がんばりまーす もうけます 今日もしっかり アルバイト
銭の為なら 目の色変えて (きりちゃん!)
がんばりまーす もうけます 今日もしっかり アルバイト

今日もしっかり アルバイト










眼神很溫柔不過姿勢是流氓蹲的六年生












後面的大腿舞www



冒牌學長們跟好孩子打招呼,但しんべヱ當面說出了「這種人才不是立花學長!」
きり丸打圓場說しんべヱ是餓昏頭了才怪怪的



しんべヱ還是不信,眼看變裝被識破,冒牌三人抓住了好孩子們

くの一們大聲呼救,於是形成挾持人質對峙的狀態


長次大笑著暴走起來

老師們跟六年生全去阻止長次,由四年生們進攻,但都被正牌學長們擋下,ドクタケ忍者們帶著人質順利撤退,只有山田老師追上去

最後長次因為燃料用盡(?)停止暴走

長次的事情暫時解決,老師們打算帶六年生們跟上山田老師,命令四年生留校待機
滿心想為學長報仇的四年生請求学園長也讓他們出動,不過学園長不答應

食:「交給我們吧!」

「我們會用完美イケイケドンドンギンギン為你們報仇的!」


至於長次,只好抬著走了

伊作……(合掌)

老師學長們一走,滝夜叉丸就打算偷偷跟上去
三:「真是的,你簡直跟七松學長一個樣!就算還是忍たま,忍者就該遵守命令,留在学園!」

滝:「你也像極了潮江學長,只知道忍者忍者忍者忍者忍者~~」

三:「喜八郎,那你呢?」
綾:「我……我……我要去挖洞!」
三&滝:「嗄??」

綾部將不能親自為學長報仇的悔恨全發洩在挖洞上,動作太快,以致眼睛看起來變成慢動作了!!


冒牌貨們抓著人質從觀眾席出場

裝備了乱太郎的偽小平太好可愛唷怎麼辦(?)

文次想繼續探聽計畫:「這下子忍術学園就……」

這次是被山田老師打斷

只好戰了






打鬥途中,山田老師換成反手拿刀,以刀背面對敵手





文:「ギンギン……啊!!」
小:「イケイケドンドン……啊!!」




仙蔵用宝禄火矢作結

冒牌貨們向八方斎報告成功撤退還有山田老師被解決了的好消息
八:「辛苦你們了……妝全化掉了嘛?!」
偽文:「最後的最後才掉的吧,直到剛才都沒被發現啊。」


偽小平太抱乱太郎抱得超爽的啊好想跟他換位置!!

較晚出門的一批人也追上了

ドクタケ的計畫是:讓冒牌貨在忍術学園裡製造聲響,地道裡的ドクタケ忍者循這聲音挖到学園正下方,然後在地道內布置火藥進行爆破

食満想馬上回學校通知大家

風鬼:「稍等!只要你敢背對我們,就會下起手裏剣之雨……不對,是一年生的血雨喔!」

幾人陷入了進也不是退也不是的兩難狀況

一名神秘女子突然出現

「伝子登場」
唄 山田伝子&くの一

忘れてもらっちゃ こまるのよ
いつも華麗で りりしい姿
派手な登場 お約束
その名を今は 言えないけれど
『知らない人も 知っている』

舞って 歌って 今日もまた
変わらぬ思いを 届けましょう

見れば驚くその顔は
美しすぎる 当たり前
女らしさも 超一流
誰もがうらやむ 花一輪
『見事咲かせて見せましょう!』

舞って 歌って 今日もまた
変わらぬ思いを 届けましょう
変わらぬ思いを 届けましょう








六は一開始是被嚇到了吧,兩人都往長次身邊躲XD


相簿設定
標籤設定
相簿狀態